BOAT RACE ビッグレース現場レポート

BOAT RACE ビッグレースの現場から、精鋭ライター達が最新のレポートをお届けします。

2024-01-01から1年間の記事一覧

次回は大村!

第6回全国ボートレース甲子園は、毒島誠の大会2度目の優勝で幕を閉じました。この大会初の複数Vです! 深紅の優勝旗を奪還したというわけですね。毒島選手、そして群馬県の皆様、おめでとうございます! さて、次回は1週間後です! ボートレース大村で7…

優勝戦 私的回顧

ワンサイド・ゲームセットONESIDE GAMESET 12R優勝戦①毒島 誠(群馬) 04!!②白井英治(山口) 07③豊田健士郎(三重)11④上條暢嵩(大阪) 15⑤池永 太(宮崎) 15⑥重成一人(香川) 13 群馬代表の絶対エースにしてBR甲子園の最強豪レーサー毒島が勝った。イ…

THEピット――強者・毒島!

盤石の逃げだった。コンマ04のトップスタート。1マークを先に回って、もう他を寄せ付けない。甲子園決勝でパーフェクトゲームを達成したようなものだ。 初戦ドリーム5号艇2着。2戦目は6号艇2着。それ以降はオール1着! 甲子園でいえば、1回戦2回戦…

“本紙予想”優勝戦

12R 優勝戦注目データ 毒島1コース1着率=84.2% まくられ率=7.0% 差され率=8.8%注目データ 白井2コース逃がし率=42.9% 2コースまくり/差し=7/8 注目データ 豊田3コースまくり/まくり差し/差し=3/4/0注目データ 上條4コースまくり…

『3カド百裂健まくりだーー!!』予想

いよいよ決勝戦の予想ですが、まずは重要な速報です。9R後の特訓は2本とも枠なりでしたが、二本目は健士郎が3カドに引いて12/3456!!!! なんとなくですが、きっと本番も3カドに引く気がします。とりあえずスタート展示に注目しましょう(スタ展は…

『穴・極撰』最終日

9回裏ワンアウトまで裏パーフェクト、ひとりのランナーも出せないままシリーズ最終盤に突入した畠山death>< 財布もぺらっぺらに薄くなったけど、ぜんっぜん諦めてないっすよ。まずはこの極撰で起死回生の初ヒット⇒11R遠藤エミ4-23-全で連打⇒決勝戦のあの…

毒島が着水してない!?最終日朝のピットから

1R発売中のピット。優勝戦出場6名のボートはすべて、装着場にあった。そう、いつもなら早々に着水しているはずの毒島誠のボートも、装着場に置かれていたのである。毒島の姿を探すと、整備室。装着場から見ていちばん左側のテーブルで、プロペラゲージを…

本日の“本紙予想”最終日

おはようございます。黒須田です。昨日は準優2本含め、まずまず的中が出ました。最終日も行くぜ! というわけで、優勝戦は後ほどです。 1R△123/456 注目データ 金児4コースまくり/まくり差し/差し=1/1/6金児は5日目4コース差し切り。こ…

最終日!

おはようございます。GⅡ全国ボートレース甲子園は最終日です。12R優勝戦は、関東、東海、近畿、四国、中国、九州から一人ずつ進出という、まさに全国甲子園! ふるさとの代表選手は敗れてしまっていても、同地区の選手へのエールを! 本日のボートレース津…

準優ダイジェスト

百裂拳の予感 10R①豊田健士郎(三重)13②上條暢嵩(大阪) 15③長田頼宗(神奈川)14④菊地孝平(岩手) 17⑤遠藤エミ(滋賀) 14⑥池田浩二(愛知) 14 地元の健士郎がインからキッチリ押しきった。まず、外的な勝因としてはスタートがきれいに揃ったこと。今…

激戦あり!準優ピットから

●10R 地元ビッグで準優1号艇。そして逃げ切り、優出。豊田健士郎、見事である。だが、意外なことにレース後の豊田は笑顔を見せなかったのである。ボート洗浄に向かう前、柱の影にヘルメットを置こうとして、その近くにこちらが突っ立っていたので、「すみ…

速報 優勝戦メンバー決定!

すべて1号艇が逃げきった準優が終わり、GⅡボートレース甲子園@津のファイナル6PITが確定しました。1号艇は走攻守が完璧に揃った群馬の絶対エース毒島誠! 明日も逃げきれば、深紅の優勝旗を第3回大会に続いて群馬に持ち帰ることができます。百戦錬磨の…

『翼の激差し!!』予想

あっちょんぶりけーーー!! 極撰7Rは◎深谷★多田ともに惨敗、しかも節イチ配当514倍ってあなた……生きててすいません、の畠山death>< なんとか準優で軍資金を殖やすどーー! 10R第一試合 今節◎①豊田健士郎(三重)A+【出A・直S】 10▲②上條暢嵩(大阪) …

“本紙予想”準優勝戦

10R 準優勝戦△123/456 注目データ 上條2コース逃がし率=39.5%上條の逃がし率が低く、その上條の差し切り期待。豊田の地元逃げも押さえる。◎上條 〇豊田 ▲遠藤3連単 本線 2-15-全 押さえ 1-2-全 11R 準優勝戦△1236/45注目データ …

『穴・極撰』5日目

昨日の極撰はすちゃらかぱーーでした、すんまっせん>< 今日はもしかしたら万舟にならないかもですが、敗者戦では信頼度MAXのこの男を◎に推します! 7R ①村岡賢人◎②深谷知博 ③西島義則 ④金児隆太★⑤多田有佑 ⑥小林 泰進入13・2/456 今日の深谷は狙いご…

大きな動きなし!?5日目前半ピットから

朝から毒島誠がボートを着水している……というのはいつも通り。予選トップ通過の準優1号艇でも、それは変わることない毒島のルーティン。グレードがどうであれ、予選であれ賞典であれ、毒島の着水はいつだって早い。ただ、5月オールスターで毒島は「いいと…

本日の“本紙予想”5日目

おはようございます。黒須田です。昨日はなかなか好調でした。3週連続斡旋もあと2日。元気出してがんばりまーす。というわけで、準優は後ほど。 1R△142/356 注目データ 西島2コース逃がし率=35.8%前付け西島の逃がし率が低い。3カドもありう…

5日目!

おはようございます。GⅡ全国ボートレース甲子園は5日目です。10~12Rで準優勝戦が行なわれます。本日のボートレース津は、曇り空。やはりムシムシしてますね。 い、いっぺー………………。(PHOTO/池上一摩)

勝負駆けと勝負!の4日目後半ピットから

9R、6号艇6コースから2着の菊地孝平。着替えを終えてピットにあらわれると、難しい顔をしていた。まくった中田竜太をバックでは確かにとらえたが、抜き返されての2着。「惜しいっ!」と声を掛けたら、菊地はさらに顔を歪めて「悔しいっ!」と叫んだ。 …

速報 準優メンバー決定!

最後の速報です。12R①毒島vs④桑原悠の直接対決となった予選トップ争いは、圧倒的人気の毒島がイン逃げ圧勝でケリをつけました。また、準優ボーダー争いは最終的に6.00で収束、福井代表の強豪・中島孝平が最後のバッターボックスを勝ち獲っています。 3連単…

速報 トップ争いは12R①毒島vs④桑原!

速報です。11Rで暫定2位の豊田健士郎が5着に敗れたため、予選トップは争い12R①毒島誠vs④桑原悠の直接対決に絞られました。先に報じたように、その条件は【桑原1着&毒島5着以下なら桑原、それ以外は毒島のトップ】 となります。桑原としては「4カドか…

『穴・極撰』4日目

5R、「チーム雪国」の穴キング③高橋直哉さまを3着固定にしたらば2着=④③⑥の361倍を喰らった畠山death……ワシの小心者!!! 気を取り直して、シリーズ初の極撰をアップしときまーす。 11R ①磯部 誠 ②白井英治◎③佐藤 翼★④秋元 哲★⑤豊田健士郎 ⑥中島孝平進入1…

9R~12Rの勝負駆け情報

9R~12Rの勝負駆け状況とレースの見どころをお伝えします。気になる予選トップ争いは、8R終了時点で毒島・豊田・桑原の3人に絞られました。毒島・桑原は12Rの直接対決につき、トップ決着は間違いなく12Rまで持ち込まれます。豊田も含めたトップ条件…

5R~8Rの勝負駆け情報

今日は5Rから各選手の勝負駆け条件、レースの見どころをできる限り時系列で紹介し、さらに特筆すべきポイントは臨時の速報スタイルでお伝えします。まずは5R~8Rの勝負駆け情報をどーぞ! 5R①石渡鉄兵 ―②重成一人 2走10点③高橋直哉 ―④毒島 誠 完走…

“本紙予想”4日目後半

7R △126/345 注目データ 吉田1コース差され率=23.1%松井前付けなら、吉田の差され率が高めな点が気になる。地元豊田の自在差し。◎豊田 〇吉田 ▲松井3連単 本線 2-16-全 押さえ なし 8R △123/456 注目データ 上條2コース逃がし率…

絆が垣間見えた!4日目前半のピットから

1Rで同期競り! 2番手を争った吉田拡郎と向後龍一、90期の同期生だ。先行する吉田に食らいついた向後は、2周2マークで気合の2番手先マイ。これで並走に持ち込むと、3周1マークでツケマイを放って吉田を抜き去ったのだ。向後は1着勝負だったが、しか…

本日の“本紙予想”4日目

おはようございます。黒須田です。3日目はマンシュウ0本ですか。初日2日目は数多く出ていたのですけどね。果たして今日はいかに。やはりA2勢やB1勢が連に絡むかどうかがカギになるでしょうか。後半は後ほどです。 1R△123/456 注目データ 吉…

4日目!

おはようございます。GⅡ全国ボートレース甲子園は4日目です。予選最終日です! 勝負駆けです! 今日のボートレース甲子園は雨もあがり日差しも届き、暑くなりそうですね。 唯一の5000番台! レースも新兵仕事もがんばれ、中亮太!(PHOTO/池上一摩)

新鮮な絡み!の3日目後半ピット

SGやPGⅠでも同期生の絡みというのはよく目につくものだが、甲子園はメンバーがそれらとは少し違っているので、なかなか新鮮な同期同士の行動が見られるわけである。たとえば、木場悠介と孫崎百世。119期生同士だ。119期でこれまで見かけたのは、女子戦の…

津・甲子園TOPICS 3日目

殲滅。 昨日の当欄で『大雪注意報』などと煽ったが、道産子の私が愛でている「チーム雪国=定義は東北・北陸のA1級以外の選手たち」は暗澹たる成績に終わった。惨劇の系譜を記しておこう。▼1R③青森・鹿島敏弘=3コースから豪快に握って攻めたが悲しいほど…